マニアックトラベラー

とにかくマニアックな内容を突き詰めて更新していきたいと思います。旅、鉄道、野球、懐メロ

2020年2月 東京呑んべえ旅② メトロはこね

 2日目は上野からのスタートです。f:id:ayoans:20200126023406j:plain

この色のE231は好みの塗装。

これに乗り北千住へ

 

北千住から乗るのは本日のメイン東京メトロ直通のロマンスカー

f:id:ayoans:20200126023435j:plain

成城学園前まで乗ります。

地下鉄区間の乗車が目的だったので短距離ですが十分です。

地下鉄をロマンスカーで抜けるのは新鮮かつ優越感のあるものでした。

 

展望車はありませんがMSEはかっこいいです。

f:id:ayoans:20200126023510j:plain

f:id:ayoans:20200126023546j:plain

伝統を崩さない姿勢は好きです。

名鉄パノラマカーの伝統を残して欲しかったですが難しいのかな…

観光需要が廃れて名豊間のJRとの競争がメインだから必要ないといえばないのですが寂しいところ。

 

成城学園前から千歳烏山まで徒歩で移動。

途中の祖師谷公園は世田谷一家殺害事件の現場。

事件の風化を防ぐという意味でも残すべきだと思います。

 

駒大の野球グラウンドを過ぎて千歳烏山駅に到着。

お腹も空いたので千歳烏山でつけ麺を。

f:id:ayoans:20200126023613j:plain

悪くはないですがまぁこんなもんって感じです。

可もなく不可もなく。

 

最後は京王に乗り新宿へ。

京王7000系

f:id:ayoans:20200126023640j:plain

廃車が少しずつ始まっているので撮れるうちに撮っておきます。

静かなうちに撮るのが一番です。

 

京王8000系

f:id:ayoans:20200126023712j:plain

京王の中では1番好きな車両です。

登場から四半世紀経ちますが古さをまったく感じさせません。

 

2020年2月 東京呑んべえ旅① 立石界隈と上野

昨日、一昨日と東京で呑んべえ旅していたので記事をアップします。

昨日は鉄道要素がかなり濃かったですが一昨日の記事はほぼ呑んでるだけの内容です(笑)

そんな記事ですがお付き合いください。

 

浅草橋でJRから都営地下鉄に乗り換え。

京成3600形です。

f:id:ayoans:20200126023013j:plain

優等で使われてるとは知らなかったです。

私鉄はあまり詳しくないので新たな発見が多いです。

目指すのは立石なので快速は見送り後続の普通列車に乗りました。

 

立石で降りて向かったのはもつ焼きの宇ち多〝

f:id:ayoans:20200126023044j:plain

f:id:ayoans:20200126023113j:plain

ここより美味しいもつ焼きを食べたことがありません。

最低でも30分以上は並ばないといけないのがネックですが何度も通ってしまいます。

 

2軒目はおでんの丸忠

f:id:ayoans:20200126023144j:plain

初めて入りましたが出汁がものすごく美味しかったです。

また来る価値がありそうです。

 

立石で2軒回った後は上野へ。

ホテルにチェックインして仮眠をとりました。

 

しっかり寝てお腹が空いたのですしざんまいへ

f:id:ayoans:20200126023216j:plain

f:id:ayoans:20200126023245j:plain

すしざんまいといえばマグロ。

美味しかったです。

 

最後は無意味に山手線に乗りました。

f:id:ayoans:20200126023322j:plain

終電の時間帯だったので池袋行きになっています。

 

こんな感じで飲んで1日が終わりました(笑)

次の日の記事に続きます!

2013年8月 関東旅行記③ 銚子電鉄ぬれ煎餅 の巻

2日目は夜に西武ドームで野球観戦する以外はフリーなので千葉方面の乗り潰しです。

サークル旅行ですが相変わらずの単独行動(笑)

 

総武緩行線飯田橋から千葉へ

千葉からは209系に乗り銚子を目指します!

f:id:ayoans:20200123002928j:plain

209系は京浜東北線のイメージが強く地方を目指す路線で走っているのは違和感あります。

千葉から211系はあっという間に引退しましたが209系は長く活躍しています。

そろそろワンマン化で置き換えの噂もありますがどうでしょうか。

 

銚子からは銚子電鉄に乗り換えです。

f:id:ayoans:20200123002955j:plain

銚子電鉄デハ1001です。

黄色の車体は銀座線の雰囲気はそのものです。

 まだ現役だと思ってたいたら引退していたのですね・・・

 

デハ801との並びを。

鉄コレのイメージで銚子電鉄といえばこのカラーです。

f:id:ayoans:20200123003021j:plain

 

終点の外川です。

f:id:ayoans:20200123003048j:plain

味があるといえばいい表現ですがどう見ても単なるボロの駅舎です。

 

犬吠埼灯台

f:id:ayoans:20200123013902j:plain

行っていたようですが記憶がほとんどありません。

6年という月日の頭の劣化を感じます。

 

この後も銚子電鉄の更新が続きます!

2013年8月 関東旅行記② 神宮球場観戦記 の巻

間隔が空いてしまいましたが関東旅行記の更新していきます。

しかし今回は鉄道要素一切なしの野球観戦の記録になります。

 

前回の記事はこちら

ayoans.hatenablog.com

 サークルの旅行ということで東京へ。

しかし単独行動で中央線経由で名古屋から東京まで移動という最初から訳の分からないことをしています。

東京到着後はちゃんとサークル本隊と合流し神宮球場へ。

f:id:ayoans:20200114221949j:plain

小学校の頃は最大で年に20試合ほど野球観戦をしていましたが、この頃になると野球観戦は数えるほど行かず。

名古屋出身ということもあり昔から中日ファンでしたがこの頃になると完全に熱が冷めていました。

特に2012年~2013年の中日は個人的に最も負の時代です。

落合監督解任からユニフォーム変更とまったくいいことがなかった時期。

落合GMもひどいものでしたが・・・

 

席は3塁側の内野席でなかなかいい場所

f:id:ayoans:20200121234927j:plainバレンティンの打球が恐ろしかったです。

 

この日のスターティングメンバーはこんな感じです。

中日

1中 藤井

2遊 井端

3二 森野

4左 和田

5右 平田

6一 クラーク

7三 高橋周

8捕 谷繁

9投 川上

 

ヤクルト

1右 比屋根

2中 上田

3三 川端

4左 バレンティン

5一 ユウイチ

6捕 相川

7遊 谷内

8二 山田

9投 石川

 

メンバーが懐かしいですね。

しかし懐かしさ以上に目につくのが8番セカンド山田哲人

今では日本を代表するスーパースターが8番バッター・・・

ちなみにこの頃の山田哲人のイメージは外れ1位ということと、ハンバーガーで増量しようとしたということだけです(笑)

まさか日本を代表するスーパースターになるなんて思ってもなかったです。

 

f:id:ayoans:20200122002512j:plain

f:id:ayoans:20200122002610j:plain

岩瀬と浅尾の豪華ブルペンも見られました。

ちなみに結果は7対6で中日の勝利でしたがほとんど試合内容を覚えていません(笑)

そのくらい野球への情熱が覚めていたのです。

 

そして当時の監督の高木守道さんが亡くなってしまいましたね・・・

選手時代は記録でしか知ることができませんがミスタードラゴンズにとどまらず、プロ野球のオールタイムベストナインにも入るくらいの人でしょう。

守りや走りは言うまでもなく、パンチ力もあり魅力的な選手です。

 

監督時代はいろいろと思うこともありましたが残念な限りです。

ダイヤ改正で見納めになる列車⑥ 東海道新幹線700系

今回のダイヤ改正は引退する車両も少なく比較的穏やかなのかもしれませんが、東海道新幹線から700系が引退することは自分にとって大きなポイントです。

JR東海のお膝元で育った自分としては東海道新幹線は非常に思い入れの深いものです。

ディズニーランドやUSJに行く際には必ず東海道新幹線を使い、一時期は豊橋や浜松に新幹線で通うなど生活の一部のようなものです。

 

しかし700系に関しては最後まで好きになることはなかったです。

決定的な理由はただ一つ。

そのデザインにあります。

何度見てもカッコよく見えず遂に引退までカッコよく見えることはなかったです。

 

今でも一番かっこいい新幹線は100系です。

100系の前面形状、二階建てグリーンに食堂車、どれをとっても勝る新幹線はありません。

また300系も思い入れが深いです。

のぞみがデビューした年に生まれた自分にとって幼い頃の早くてかっこいい新幹線は300系のぞみだったのです。

そんな300系も2012年に引退してしまい遂に700系もその時が来てしまいます。

 

新幹線は乗ることは多かったですが撮影機会は少なくほとんど写真に残っていません。

そんな中ある写真を載せていきます。

 

東京駅での700系とN700系の並び

f:id:ayoans:20191226135903j:plain

 

JR西日本の編成の700系

f:id:ayoans:20200123001439j:plain

方向幕がLEDになっており車内の雰囲気も異なりこの700系に関しては好きでした(笑)

特に浜松から名古屋に帰る岡山行きのひかりによく充当されていた印象です。

 

こだまのグリーン車を利用したのは昨年の2月。

大阪から名古屋までぷらっとこだまで利用しました。

f:id:ayoans:20200123001507j:plain

JR西日本は引き続き700系を利用するのですぐに車両が引退することはありませんが、700系が東海道新幹線を走ることはもう二度とないでしょう。

ダイヤ改正で見納めになる列車⑤ 新潟周辺のキハ40

3月のダイヤ改正で新潟周辺からキハ40は姿を消します。

そんなキハ40を少し紹介していきたいと思います。

 

日本国内どこでも見ることができたキハ40も徐々に姿を消しています。

大学時代の18きっぷでお世話になったキハ40が廃車になっていくのは寂しいですが仕方ないでしょう。

 

イメージアップ新潟色

f:id:ayoans:20200122210714j:plain

中間に首都圏色がつながってます。

個人的にはこの赤いキハ40はあまり印象がありません。

115系に採用されなかったからなのかもしれません。

 

新潟色

f:id:ayoans:20200122211137j:plain

新潟周辺のキハ40といえばこの色です。

赤いラインがアクセントになっていて気に入っています。

後ろには風っこがつながっています。

ストーブ列車の時に撮影したものです。

 

国鉄急行色

f:id:ayoans:20200122211230j:plain

こちらはダイヤ改正前に引退していまいましたがおまけとして。

国鉄急行色は好きですがキハ40には似合わないです。

ライトの位置が高くどこか間抜けに見えてしまいます。

 

ダイヤ改正で本格導入されるGV-E400系はまだすれ違いで見たのみなので、また新潟に行って乗ったりしてみたいです。

きっと最新車だけあってきれいで静かな乗り心地なのでしょう。

 

こうやって時代は移り変わっていくのだと感じました。

ダイヤ改正で見納めになる列車④ 651系0番台 普通列車

常磐線の全線再開の陰で常磐線を支えてきた651系0番台は撤退になるようです。

651系自体は高崎線の特急や伊豆クレイルでは使われていますが、原形を留める651系常磐線区間運用で使われる普通列車のみ。

しかし全線再開後はE531系に置き換えられるのでこのまま廃車になりそうです。

前回の251系と並び幼い頃の特急列車の代表格の列車なので引退は寂しいところ・・・

震災により翻弄された車両ともいえるでしょう。

 

乗車したのはいわきから富岡まで。

普通列車としては破格の内装でした。

しかし「タキシードボディのすごいやつ」とつけられたキャッチコピーは遠くのものに・・・

汚れがかなり目立っています。

 

また内装も普通列車としては破格のものですが古さは否めず。

引退も仕方ないのかなと感じます。

f:id:ayoans:20200121225631j:plain

f:id:ayoans:20200121225838j:plain

f:id:ayoans:20200121225918j:plain

f:id:ayoans:20200121225947j:plain